MAISON JEWELL

  • 商品検索
  • お気に入り

用語集

ダイヤモンドについて

  • 4C

    4C

    ダイヤモンドの品質は、Carat(カラット:重さ)、Color(カラー:色)、Clarity(クラリティ:透明度)、Cut(カット:研磨)の4つの基準で評価されます。その頭文字が「C」で始まることから、4つのC=4Cと呼ばれています。

  • カラット

    カラット

    宝石の重さの単位で、1カラットは0.2グラム。カラットは“ct”と表示されます。カラット数が大きいほど希少価値は高まりますが、大きさだけでなく、総合的な評価があって、ダイヤモンドの価格が決まります。

  • カラー

    カラー

    一見、無色に見えるダイヤモンドですが、黄色味を帯びているものが一般的です。ダイヤモンドンの最高カラーは無色。マスターダイヤモンド(比較石)を使用し、最高レベルのDカラーからZカラーまでの23段階の等級に分類されます。

  • クラリティ

    クラリティ

    クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。クラリティグレード10倍のルーペ(拡大鏡)を使用し、ダイヤモンドの中の傷や内包物の有無により判定されます。最高の品質がフローレス、以下11段階の等級に分類されます。

  • カット

    カット

    ダイヤモンドの美しさを決める“輝き”を最大限引き出すためには、優れたカット(研磨)の技術が要求されます。カットのクオリティはダイヤモンドの価値に大きく影響します。カットのグレードは適正なプロポーションと研磨や仕上がりの度合いでExcellentからPoorまで5段階で判定されます。

  • テーブル

    テーブル

    ダイヤモンドのクラウン中央にある大きく水平で平らなカット面。

  • クラウン

    クラウン

    ダイヤモンドのガードルより上側に当たる部分。

  • ガードル

    ガードル

    ダイヤモンドの外周にあたる一番広い、境界線のような部分。(クラウンとパピリオンの境目)

  • パビリオン

    パビリオン

    ダイヤモンドのガードルより下側にあたる部分。

  • キューレット

    キューレット

    パピリオンの突起の部分。

  • インクルージョン

    インクルージョン

    ダイヤモンドの内部に見られる、内包物や他の鉱物の小さな結晶。数や大きさ、色、位置によってクラリティの評価を左右します。

  • ブレミッシュ

    ブレミッシュ

    ダイヤモンドの表面にみられるあらゆる傷。数や大きさ、色、位置によってクラリティの評価を左右します。

  • プロポーション

    プロポーション

    ダイヤモンドの直径、高さ、テーブル、クラウン、ガードル、パピリオン、キューレットの各部分のサイズと比率の関係。理想的なプロポーションは、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すことができます。

  • フィニッシュ

    フィニッシュ

    ダイヤモンドのカッティングの細部の精密さ及び、研磨の状態。ポリッシュ(研磨)とシンメトリー(対称性)に分けて評価します。

  • ポリッシュ

    ポリッシュ

    ダイヤモンド表面の研磨状態。

  • シンメトリー

    シンメトリー

    ダイヤモンドの各ファセット(カット面)の形と正確さ、対称性。

  • ファセット

    ファセット

    研磨を施したフラットな面。

  • 蛍光性

    蛍光性

    ダイヤモンドを紫外線に当てたときに、目に見える光を放つこと。ブルーが一般的です。

  • 鑑定書

    鑑定書

    ダイヤモンドの品質を専門家が分析した評価レポート。4C…カラット(重さ)、カラー(色の等級)、クラリティ(透明度の等級)、カット(形状・研磨の等級)について分析結果を記載しています。4℃の婚約指輪には世界最高レベルの鑑定基準をクリアしたダイヤモンドであることを証明するために、第三者機関の鑑定書をお付けしています。

素材について

  • プラチナ

    プラチナ

    ジュエリー素材の中で、最も希少性が高く、融点、比重の高いプラチナは、“天国の金属”と呼ばれています。プラチナは化学的に安定しており、長い年月身に着けても、日常生活の中で変質、変色することがありません。また、プラチナはしなやかで粘り強く、細く、薄く、伸ばすことができるため、小さな爪でもしっかりとダイヤモンドを留めることができます。石をほとんど隠さずに石の魅力を最大限に引き出します。

  • 18金(K18)

    18金(K18)

    純金はプラチナ同様、科学的に安定しており、日常生活の中で、変質、変色することはありません。純金(K24)では、やわらかすぎ、ジュエリーの加工に耐えられないため、一般的に他の金属を加え18金(K18)にすることで硬度を高めます。18金(K18)は、純度75%の金とその他25%からなる合金です。その他25%にどんな金属を混ぜるかによって、ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドといった、さまざまなカラーバリエーションが生まれます。

  • パラジウム

    パラジウム

    パラジウムはプラチナと同様に、天然の白色の輝きが魅力です。価格的にとても安定した貴金属で、長い年月身に着けても、日常生活の中で変質・変色しづらく傷も付きにくいため大変扱いやすい素材です。これまでは硬度がとても高いため加工が難しい貴金属とされてきましたが、近年の技術の進歩によりデザインの繊細な宝飾品への利用も可能になりました。比重は金の約2/3、プラチナの半分と非常に軽く、リングを普段着け慣れない方にもおすすめです。